アレ⁉︎思ったより短くなってない?ってならない為に!

こんにちは

岐阜市にある美容院ロハヘアガーデンの西部です

 

美容室に行って、

(よし、今回は思い切ってスタイル変えてみよ!)

って時ありますよね。

カットをしてみて、、実際、仕上がってみると

(えっ(・・?) 思ったのより短い)…(汗)

 

切り過ぎ……

 

(凹みます)

こんな経験、一度はあるなーって人はいると思います。

 

そんな、「思ったより短くなってしまった…」にならない為のコツを紹介します。

 

そもそも思ったより短くなる原因は?

 

バッサリカットする時には、髪を濡れた状態で切ることが多いです。濡れている状態の髪で長さを確認すると、実際乾いた時では少し上がっている(短く感じる)ので、濡れた状態の長さで丁度だと実はちょっと希望の長さより短い場合がある。くせ毛の人は特にこのズレ幅は大きくなります。担当の美容師さんが、髪質やクセを考えていないと乾かした時に「あれ⁉︎」みたいな事に、、

 

そうならない為にはどうしたらいいのか?

 

ずっと長く担当してもらっている美容師さんなら、細かな要望も伝えやすいし髪質も理解してくれていると思いますが、そうでない場合だってあります。なので、なるべく失敗しない為に…

 

○希望の長さよりちょっと長めにオーダーする○

 

以外とこれで丁度いいパターンもあると思います。もし、最後に少し長いのかな?と感じたら、「この辺あと少しだけ切れますか⁉︎」って言えばいいです。切り過ぎたらどうにもならないけど、ちょっとだけ切ってならなんとかなります。

写真を見せてこの位で〜って時にも、ほんとに少し長めの写真を見せおく。そうすれば極端に切り過ぎる可能性も減ります。

前髪なんか特にです。

 

あとは、ハッキリ最初に言っておく。特に髪が柔らかくて癖のある髪質の人は特に。「私、濡れた髪の時と乾いた時だとすごく長さに差が出て…。なのでそうならないようにお願いします」と。ちょっといい辛いなーって人もいるかもしれませんが短くなり過ぎるよりはマシです。絶対に!

 

ちょっとした美容師さんとのやりとりで、切り過ぎた〜…なんて事が無いようにしたいですね(^^)

 

カットはどう切るのかと、どう残すのかが重要なんですよ!

 

 


キッズヘアーセットイベント

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL