6月梅雨の髪対策。

 

6月になりました!そろそろ梅雨入りですね。

 

「梅雨」の画像検索結果

 

湿気で髪が広がるし、うねる・・・

 

ヘアスタイルが決まらないよ(;_:)という方も多いと思います。

 

私は・・・広がる?????????な!なにそれ?!

 

いやいや( ;∀;)ペタンこになるよ。

 

☆こんにちは☆

 

岐阜市野一色にある美容院ロハヘアガーデンのほりです。

 

えぇ。今日も雨で、髪まとめてますよw

 

じめじめした天気は、みんな嫌ですよね。

 

洗濯乾かないし←正直一番嫌です(;゚Д゚)

 

そして湿気が高くなると、髪質によっては変化が生じます。

 

もともとくせ毛の人は、普段よりもくせがひどく出てしまう。

 

私みたいな方も、少なからずいると思いますが。
髪の毛には、通常約11~16%の水分があるといわれています。

 

湿気が高いと髪へ水分が吸い込まれて髪の毛が膨張してしまい

 

まっすぐな状態を保てないのです。

 

「傷んだ髪」の画像検索結果

 

特にダメージを受けているとタンパク質が不足|д゚)

 

髪の内部がいびつになってしまいます。結果としてよりくせが出やすいのです。

 

湿気による髪の毛の広がりやうねりを抑えるためのポイントはドライ

 

「ドライヤ」の画像検索結果
基本、髪を洗ってからすぐに髪の毛を乾かすようにしましょう。

なかなかね。忙しい母親は・・・自分の事は後回しになります。

・・・・分かります(´・ω・`)

 

少しづつでいいので、自分にも時間を使って下さい✨

 

 

ドライは、上から風を当てるとキューティクルがしまって、癖がつきにくいです。
半渇き状態になったらオイルをつけましょう(^^)/
特に毛先につけましょう。耳から下の髪でいいです*

 

そして、7~8割乾いたところで、ブローをします。

 

仕上げは冷風でしっかりと。

最後には多めにブラッシングをしましょう。

 

「ブラッシング」の画像検索結果

 

 

髪が傷いでいると、髪の毛の断面の傷から水分が入りやすくなります。

 

つまり髪の毛が痛んでいる人ほどこそ、湿気トラブルになります。
湿気の高い時期にはなおさら、ダメージケアを欠かさないようにしましょう*
いつもよりも多めのトリートメントを使用したり、

 

ヘアパックをするなど工夫をして、ダメージを減らすようにしてみても◎

 

ヘアスプレーやワックスも髪の表面に皮膜を作って湿気から髪を守ってくれます。

 

この時期に、縮毛矯正をされる方も多くいます。

 

自分では無理~なんて方は、いいかもしれませんね♪

 

私の髪だったら、オイルやワックスなしw油分ダメ。

 

固まらずふんわり感のスプレーに限る!!!

 

もしくは、ヘアアレンジです。

 

次回、アレンジ書こう(=゚ω゚)ノでは~~~

 

 

 

 


キッズヘアーセットイベント

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL